型枠大工・型枠解体

型枠大工・型枠解体とは

型枠大工・型枠解体とは

型枠工事とは、鉄筋が組み込まれた廻りに設計図通りに木材などで器(梁・柱など)を作り、その器にまだ柔らかい液状のコンクリートを流し込み、ある一定時間が経ってコンクリートが固まってから枠を解体し、コンクリートの形状を作ることを指します。

簡単に言いますと、プリンの容器を作る仕事です。

枠を組む職人を「型枠大工」、枠を取り外す職人を「型枠解体工」と呼びます。

近年では、型枠大工は電動ドリル・電動丸ノコ・釘打ち機などの電動工具が主流になり、図面の拾い出しもCADの使用が増えています。

工事の流れ

1.加工図作成

施工図面により、柱・梁・壁・スラブなどの形状・寸法・数量などを計算し、加工図を作成します。

その後、施工図面を元に階段や勾配・形状の複雑な部分などを、床に敷き込んだベニヤの上に実際の大きさで作図します。

  • 加工図作成
  • 加工図作成
  • 加工図作成

2.加工

合板や桟木などの材料を、加工図に沿って加工場で無駄が出ないようにあらかじめ切断し、組立ててパネルや柱型・梁型・補助などを製作します。

これにより、現場での作業の効率化が図れます。

  • 加工
  • 加工
  • 加工

4.スミ出し

施工図面に沿って、型枠を組立てる柱・壁などの位置を現場に墨で打つ作業です。

一般的に、線や印を付ける時に墨壺を使用するので、「スミ(墨)出し」と呼ばれます。

スミ出し後、墨を打ったところに合わせて、コンクリートに対し真っ直ぐにコンクリ釘で桟木を打っていきます。

  • スミ出し
  • スミ出し
  • スミ出し

5.建込

あらかじめ加工しておいた枠を、スミ出しした墨に合わせて組み立てていきます。

型枠は建物の精度と強度を必要とされるので、組立中は水平・垂直に組まれているかを常に確認します。

この作業の善し悪しによって、建物の出来が決まるといっていい位重要な作業になります。

  • 建込
  • 建込
  • 建込

6.コンクリート打設

コンクリートを型枠に流し込みます。

流動性のあるコンクリートを流し込むため、型枠にかなりの側圧がかかるので、打設中は常に注意を払い、型枠の点検を行います。

  • コンクリート打設
  • コンクリート打設
  • コンクリート打設

7.型枠解体

型枠に流し込んだコンクリートの強度が出た時点で、型枠解体工が型枠を剥がします。

通常は一度に解体せず、壁・梁・スラブの順に日数をおいて解体していきます。

危険を伴う作業ですので、 十分に注意を払い作業します。

  • 型枠解体
  • 型枠解体
  • 型枠解体

8.材料搬出・引き渡し

片づけ作業をし、型枠工事は完了となります。

  • 材料搬出・引き渡し
  • 材料搬出・引き渡し
  • 材料搬出・引き渡し