持継続可能な開発目標SDGs エス・ディー・ジーズとは?

SDGs

「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称で、2015年9月の国連サミットで採択されたアジェンダです。2015年から2030年までの長期的な視野に立って、国際社会共通の目標として取り組むべき内容が17の項目に整理されています。

型枠大工・型枠解体とは

SDGの指針

SDGsの指針として挙げられるのが「誰一人取り残さない( no one will be left behind )、貧困のない持続可能な社会を、2016 年~30年で達成することを目指す」というものです。現在、抱えている貧困や飢餓などの多くの問題を解決し、持続的な安心安全社会を作り上げることを目指しています。井定工務店はSDGs取り組みにチャレンジいたします!

【SDG sの主な取り組み】

輸入資材から国産資材 へ切替えることにより、輸入による海洋汚染・重油エネルギーを削減し環境に配慮しながら、新たな建物造りをしています。

型枠大工・型枠解体とは
型枠大工・型枠解体とは

雇用創出とグローバル化

外国人労働者を雇用することにより新たな雇用創出とグローバル化を図り、職人技術の継承を促し、建設業界の発展を目指しています。

型枠大工・型枠解体とは
型枠大工・型枠解体とは

開催や資格取得支援

建設業界の安全をサポートする取り組みとして、日本人だけではなく外国人労働者にも、安全に関する講習会や出前講習会の開催や資格取得支援を行っています。

型枠大工・型枠解体とは
型枠大工・型枠解体とは

住みやすい環境・街造り

地域イベントのサポートを行い地域社会のコミュニケーションを活発にし、より住みやすい環境・街造りを目指しています。

型枠大工・型枠解体とは
型枠大工・型枠解体とは

リサイクル

特注のリサイクルボックスを作成することにより今まで以上に安全でリサイクル効率を高めることができ、使用困難な材木はウッドチップやバイオマス燃料に変わります。

型枠大工・型枠解体とは
型枠大工・型枠解体とは

CO2 を削減

特殊工法の採用により一般工法に比べ資材転用率を上げながら、資材使用率を下げることで運送によるCO2を削減しています。

型枠大工・型枠解体とは
型枠大工・型枠解体とは

働きやすい環境造りを進めています。

社員のメンタルケアや、モチベーション研修を行ない且つIT活用により業務の効率化を上げ、社員の残業時間の削減・有給休暇取得を促進し、あらゆる人材が心身共に健康で働き やすい環境作りを進めています。

型枠大工・型枠解体とは
型枠大工・型枠解体とは